会社再生 | 札幌 碧 法律事務所

札幌碧法律事務所は、数多くの交通事故案件を扱ってきた弁護士事務所です。経験豊かな弁護士が、ノウハウを生かして、親身にアドバイスさせて頂きます。
交通事故問題以外でも、相続・遺言、建築・不動産、近隣トラブル、家庭内の問題など幅広くご相談に応じています。お気軽にご連絡下さい。

札幌碧法律事務所

会社再生・整理

ビル

経営危機にある会社を立て直したい

 昨今の経済情勢の急激な悪化により、企業の再生・清算に関するご相談は増加しています。
 再生には、会社更生や民事再生などいくつかの法的メニューがあります。清算にも破産・特別清算などの法的メニューがあります。いずれが最適かは、負債と資産の額、資金援助の有無、本業の将来見通し、負債の性質等によって判断します。

 会社再建においては、税理士等会計業務の専門家と連携して、資金計画、販売計画など再生計画を考えることが不可欠です。さらに、これまでの取引先との関係を維持するための交渉や債権減額・支払猶予など債権者との交渉も必要になります。

 例えば、札幌碧法律事務所では、以下のような流れで、会社再生や清算をトータルにサポートします。

  • 会社の現状に関して、経営者の方から詳細に事情を伺い、清算や再生などについてのご希望をお聞きします。
  • 税理士事務所とチームを組んで会計書類などを子細に検討し、再生のために必要な条件その他再生可能性に関する調査を行います。
  • 調査結果に基づいて、再生可能性、再生のために必要な条件とその実現可能性を判断し、これらを踏まえて、無理なく、しかも各債権者や取引先にご理解頂けるような会社再建スキームをご提案します。
  • 上記再建スキームに基づいて債権者や取引先等と交渉し、承諾を得られれば、合意書等を交わし、再建スキームに従った弁済等を行います(任意整理)。
  • 全債権者等から個別の合意を得られない場合など、任意整理による再生が難しいときには、裁判所の関与の下で行われる民事再生手続を申立てます。
  • 再生決定後、再生計画に従った再生を実現します。
  • 残念ながら、どうしても債権者らから債務の圧縮や分割払い等について同意が得られず、再生の見通しが立たない場合には、破産手続の申立てを選択します。民事再生決定後再生計画の実現が困難となった場合には、破産手続に移行し、清算に入ります。その際の労務対策、財産保全策についても万全を期します。

  いずれにしても、早く手を打つことが再生の早道です。しかも、完全に行き詰まり資金も枯渇した段階では再生は望めません。手持資金や回収見込みのある資金に余裕があるうちに、早く将来の方向を見定めて、札幌碧法律事務所にご相談下さい。最優先で時間を確保し、綿密なスケジュールを立てたうえで、秘密裏に準備を進めます。
 ご相談は、お電話又はホームページからどうぞ。

milk_btn_prev.png

milk_btn_next.png