成年後見 | 札幌 碧 法律事務所

札幌碧法律事務所は、数多くの交通事故案件を扱ってきた弁護士事務所です。経験豊かな弁護士が、ノウハウを生かして、親身にアドバイスさせて頂きます。
交通事故問題以外でも、相続・遺言、建築・不動産、近隣トラブル、家庭内の問題など幅広くご相談に応じています。お気軽にご連絡下さい。

札幌碧法律事務所

成年後見

お茶

財産管理をどのようにしたらよいか

 認知症、精神障害、知的障害等によって自分の財産を管理できない、あるいは介護施設に入所したくても契約を締結することが難しい方を保護・支援してくれるのが、成年後見制度です。 この制度は、法定後見制度任意後見制度に分けられます。

●法定後見制度

 裁判所によって選任された弁護士あるいは親族の方等が、本人の利益のために契約を締結したり、財産を管理したりする制度です。
 判断能力等の程度に応じて、後見・保佐・補助の3つに分けられており、選任された後見人・保佐人・補助人は、それぞれ権限(できる範囲)が異なります。

●任意後見制度

 将来の認知症などによって判断能力を失った場合に備えて、あらかじめ(判断能力が十分あるうちに)自分の代理人を決めておく制度です。この代理人を任意後見人といいます。
 公証役場において、将来、認知症等により判断能力が不十分となった際には、財産管理・契約等の代理権を任意後見人に与えるという内容の、「任意後見契約」を公正証書により締結する必要があります。その後、後見人について登記がなされます。

 以下のようなことでお困りの方は、ぜひ、お電話あるいはホームページからご相談ください。

  • 高齢者を狙った犯罪等が増加しており不安だ
  • 親が認知症になってしまった
  • 高齢のため、所有する不動産・預貯金等の管理に不安がある
  • 将来、認知症になってしまった場合に備え、財産管理対策を講じておきたい

milk_btn_prev.png

milk_btn_next.png