相続・遺言 | 札幌 碧 法律事務所

札幌碧法律事務所は、数多くの交通事故案件を扱ってきた弁護士事務所です。経験豊かな弁護士が、ノウハウを生かして、親身にアドバイスさせて頂きます。
交通事故問題以外でも、相続・遺言、建築・不動産、近隣トラブル、家庭内の問題など幅広くご相談に応じています。お気軽にご連絡下さい。

札幌碧法律事務所

相続・遺言

ペン

相続・遺言・遺産分割でお悩みですか?

 亡くなられた方の遺産をめぐって親族間で争いになっているという相談は非常に多く、調停や裁判にまで発展するケースも少なくありません。相続をきっかけに、兄弟がけんか状態となり、いくらかの財産は手にしたものの、兄弟と言うかけがえのない財産を失ってしまったなどという、笑えない話もよく聞くところです。
 また、親兄弟間に争いはないけれども、相続税の申告、登記手続き、預金の解約、どれをとっても面倒な手続きやたくさんの書類が必要です。誰に相談してよいか分からないという方、気軽に札幌碧法律事務所にご連絡下さい。

相続について、弁護士に相談し、依頼することのメリットについてお話しします。

 第1に、相続をめぐって深刻な争いがある場合、話し合いをするにしても、身内が相手だけに、感情的になるなどして精神的な負担が大きいうえ、解決までに長い時間がかかることが多いものです。
 また、相続人ご本人だけであれば、やはりそこは身内。共有する家族の歴史と互いの気持ちの交流を基に、何とか円満に解決できる場合も多いのですが、相続の話し合いに相続人の配偶者など相続人以外の家族が参加すると、往々にして、感情や疑心暗鬼が先行して収拾がつかなくなり、先にお話ししたような、兄弟と言うかけがえのない財産を失うなど、取り返しのつかない事態に陥ってしまうことがあります。それでは、せっかく、家族のために額に汗して財産を残してくれた被相続人の気持ちを踏みにじることになります。
 そのような場合、法律の専門家である弁護士に遺産分割協議を依頼することをお勧めします。ただ、相続は、税金問題を避けて通ることができません。また、不動産を売却したり登記したりしなければならないことも考えられます。
 札幌碧法律事務所は、このような問題に全て対応できる法律事務所として、税理士、司法書士、土地家屋調査士、大手不動産会社などと緊密に協力し合い、相続人調査、相続財産調査と評価、適正な分割に向けた話し合い、遺産分割協議書の作成、遺産の分配(登記手続)、相続税問題など専門的な知識と経験を生かし最終解決までトータルにサポート致します。あなたは、話し合いの前面に立つことはありません。このため、相続に伴う精神的負担を軽減することができ、必要以上に親族関係にひびが入ることもありません。

 第2に、相続について争いがない場合にも、例えば、遺産分割をするには相続人を特定する必要があります。うちは、母と兄だけだから心配ないんだとおっしゃるあなた、例えば、亡くなった方が再婚の場合、前の妻との間に子がいないとは限りません。その他にも、予期しない相続人がいる場合があり、遺産分割後になって紛争が生じないよう、古い戸籍謄本を取り寄せ完全に相続人を把握する必要があります。
 さらに、遺産の範囲を特定する必要があります。特に、亡くなった方が、自分で財産を管理していたような場合には、遺産の内容を調査することが必要な場合があります。
 相続人と相続財産が特定された後、これらを分割する際に、不動産の売却や評価、預金の解約手続などが必要な場合があります。銀行などは、たくさんの書類の提出を要求します。相続税の申告も避けて通ることができません。
 大切な身内を失って間もなく、これら面倒な手続きを迫られる精神的負担は大変なものです。
 税理士、司法書士、土地家屋調査士、大手不動産会社などと緊密に協力し合い、面倒な相続や税務手続をトータルに解決する札幌碧法律事務所は、必ず、相続問題で悩んでいる方のお役に立つことができると確信致しています。

以下では、これまでにご相談を受けた事例をもとに、よくあるご相談内容についてご説明致します。

【相談例1】

【Q】 父が亡くなり、遺産として、不動産・預貯金・株・債権等を遺してくれました。相続人は母と兄・妹ですが、これらの評価と誰がどれを相続するかについて意見がまとまりません。結局、不動産を売って現金にし、預金や株なども現金化して分ける以外ないと考えています。どのようにすればいいでしょうか。

〔A〕 遺産の分割に際しては、どんな分け方をすることがその遺産を最も有効に利用することになるか、あるいは、相続する人にとって最も意味のある分け方になるか、というような観点から話し合いで決めるのがベストです。
 例えば、不動産の場合、今、現実にそこに住んでおられる方がいる場合や建物は相続財産だが敷地は特定の相続人のものである場合においては、これらの相続人が相続することが、最も遺産を有効に利用し、価値を高めることになる場合が多いと思います。仮に、遺産がその不動産だけだったら、不動産の価値を評価して、評価額から相続する方の本来の相続額を差し引いた額を他の相続人にお支払いするという方法もあります。
 さらに、相続税のことも考慮しなければなりません。一般に、配偶者が相続する場合には、控除される(税の対象から除外される)額が多く、子だけの場合は少なくなります。最も有利な相続方法をとることも、大切な要素です。
 万一、相続する財産について、どうしても話し合いがつかない場合、全て現金化して法定相続割合に応じて分配するという方法も一案です。不動産の評価には、公示価格、課税評価額、路線価などという基準のほか、不動産鑑定士に依頼して評価額を出してもらうという方法もありますが、売買価格を基準に代金を分配するのが一般的です。不動産に抵当権など担保がついている場合には、残っている債務を全額弁済しなければ売買ができません。その場合、支払った残りの額を分配対象とすることになります。
 預金については、解約手続きをとることになります。相続人全員の実印、印鑑証明などの提出を求める金融機関が多いようです。株は、証券会社に依頼して売却してもらうのが一般的です。ただし、いつ売るかによって手にする額も異なって来ます。

【相談例2】

【Q】 相続人の一部に行方が分からない人や既に死亡した人がいます。遺産分割は可能でしょうか。

〔A〕 心配ありません。まずできる限り相続人の所在を調査する必要があります。弁護士に依頼して、戸籍謄本等から現在の住所地を調査する方法もあります。

 結局、相続人の行方が分からなくても、残った相続人だけで遺産を分割することも可能です(この場合、裁判手続きが必要です)。 相続人が亡くなっている場合、その子供等がその相続分を引き継ぐ権利を取得することがあり(代襲相続といいます)、これらの相続人を交えて遺産分割協議をすることになります。
 その他の理由で遺産分割協議ができない場合でも、札幌碧法律事務所では、他の相続人との遺産分割協議、調停手続、遺産分割協議書の作成はもちろん、税務から登記手続まで、トータルにサポートします。

【相談例3】

【Q】 夫が亡くなりました。夫名義で自宅不動産があり、これが唯一の相続財産です。もっとも、住宅ローンが残っていて担保がついています。夫には、それ以外にも借金があり、どのようにすべきか悩んでいます。

〔A〕 相続の方法としては、①相続放棄(全ての財産を相続しないこと)、②限定承認(相続財産の範囲内でしか相続債務の返済義務を負わないこと。ただし、相続人全員で行う必要があります)、③単純承認(プラスマイナスを問わず、全ての財産を相続すること)があり、相続財産の内容によって、相続方法を選択できます。
 上記①及び②の場合には、相続の開始を知った時から原則として3か月以内に裁判所に申し出る必要があり、この期間内に相続方法を選択しなければなりません。なお、上記期間内あるいは①ないし②の手続を行った後でも、相続人が相続財産の処分をしたり隠したりした場合等には、上記③の単純承認をしたとみなされる場合がありますので、注意が必要です。
 また、相続財産に負債が含まれる可能性があり、調査に時間がかかるなどの正当な理由がある場合には、裁判所への申し立てによりその期間を伸長することが認められることがあります。お早めに専門家にご相談されることをおすすめします。
 ご相談の事例では、住宅ローンの未払い額と他の借金の額を足した額を住宅不動産の評価額と比較し、前者が高い場合、相続放棄(あるいは限定承認)を選択することも考えられます。
 相続を放棄した場合、法律で決められた次順位の相続人が相続人となります。従って、相続を放棄する場合には、次順位の相続人にも事情を説明して、放棄を勧めることも検討すべきです。

【相談例4】

【Q】 財産を特定の子や知人に相続させたいので遺言をしたいのですが、どのようにしたらよいのでしょうか。

〔A〕 法律上は様々な方法の遺言が認められていますが、後日の紛争を防ぎスムーズに遺言の内容を実現するためには、公正証書遺言をお勧めします。
 公証人という法律のプロ(前職が裁判官や検察官の方が多い)が作成するため、遺言内容が明確となり、公証人役場で遺言書の原本を保存してくれるので、紛失や偽造等の心配がありません。
 遺言を作るときは、遺言執行者を定めておくと、万一のときに遺言を確実に実行してもらうことができます。遺言執行者には弁護士を指定する場合が多いため、遺言の文案作成と併せて遺言執行者就任を弁護士に依頼されることをお勧め致します。
 遺言はいつでも作り直すことができます。最も新しく作った遺言だけが、あなたの遺志として有効になります。
 札幌碧法律事務所では、あなたのご希望や思いを丁寧にお聞きし、家族にあなたの真意が伝わるよう遺言の文案をアドバイス致します。また、遺言執行者として、あなたのご遺志を確実に実現致します。遺言は、年をとったから作るものではありません。あなたの、今の生活と気持ちを整理しておくためのものでもあります。遺産を巡って親子兄弟が争うことなく、遺された家族が末永く仲良く幸せに暮らすための、あなたの義務と言っても過言ではありません。今からでも、お電話やホームページからご相談下さい。

milk_btn_prev.png

milk_btn_next.png